PACRIM 13(松田講師)

研究成果について講演する松田講師 国際会議パネル前での記念撮影
 2019年10月27日~11月1日、沖縄県宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで開催されたThe 13th Pacific Rim Conference of Ceramic Societies (PACRIM13)において松田講師が以下のテーマについて研究講演を行いました。
 PACRIMは、アジア・オセアニア・北米など環太平洋域各国のセラミックス関連学会により開催される国際会議です。13回目になる本会議では、エレクトロニクス・エネルギー・医療など多様な応用分野に結びつくセラミックスに係わる材料科学・工学の研究者と技術者が集い、1500を越える先端研究講演や議論がなされました。
松田Room-temperature epitaxy and optoelectronic properties of heavily doped NiO thin films
(28-A1-S17-06 / A. Matsuda, O. Seo, O.Sakata, S. Kaneko, M. Yoshimoto)
This entry was posted in Hot News, 学会発表, 研究業績. Bookmark the permalink.